普通方式とは

| 未分類 |

一般的に言われる遺言とは、普通方式と呼ばれ3種類に分けることが出来ます。
最も良く聞くのは「自筆証書遺言」と呼ばれる、遺言者が遺言の全文・日付・氏名を書き、これに捺印する最も簡単な方法で、遺言者が15歳以上で意思能力が有れば問題無い方法となります。
メリットとして、遺言をした事を秘密にする事が可能で、証人が不要、費用がかからず安く済ませることが出来る、というものが有ります。
ただし、相続争いが最も起こりやすいという事や、遺言書が紛失する、相続人達に発見してもらえない、第三者によって偽造されてしまう、1つでも書き方を間違えると遺言がすべて無効になってしまう、裁判所による検認手続きが必要といったデメリットが有ります。
最も安心できる遺言方法は「公正証書遺言」と言う物で、公証人役場で遺言者と2名の証人の立会いの下、公証人によって遺言書を作成する手続きになります。
保管は遺言者本人だけでなく、公証人役場においても保管され、適法な遺言書の為争いが起きにくく、紛失しても謄本を発行でき、偽造や変造の恐れも一切無く、裁判所の検認手続きが不要といったメリットが有ります。
しかし、証人を依頼する必要があり、費用がかかるのがデメリットとなります。
上記2種類の中間的な特徴を持っているのが「秘密証書遺言」で、内容を秘密に出来て、自筆ではなくワープロでも可能、公証人役場に提出する為作成日の特定が出来るというメリットが有ります。
しかし、証人を依頼する必要や、相続人等に遺言書が発見されない、偽造などの恐れも完全に無いわけではない、裁判所による検認手続きが必要というデメリットが有ります。