秘密証書遺言

| 未分類 |

秘密証書遺言は3つある遺言の普通方式のうちの1つです。他の2つは自筆証書遺言と公正証書遺言です。秘密証書は公証人と証人の前に封書を提出して手続を行いますが、遺言の内容を秘密にしてこれを保管することができるメリットがあります。まず、遺言者が遺言書に署名押印してそれを封じ、遺言書に用いたのと同じ印章をもって封印します。この封書を公証人1人および証人2人以上の前に提出して、自己の遺言書であることと自分の名前と住所を申述します。公証人は、その遺言書を提出した日付および遺言者の申述を封紙に記載した後、遺言者と証人とともにこれに署名して押印すると完成です。遺言書の証書自体には特別の方式はいらないので、署名以外の本文は代書やパソコンを使って作成することができます。

 
もし遺言書の印と封印に用いた印が異なる場合には、方式に違反するので遺言は無効となります。しかし、秘密証書の要件を欠くためその方式では無効とされる場合でも、遺言者が全文、日付、氏名を自書して押印していれば、自筆証書遺言としての形式を整えているので、自筆証書遺言として有効とされることがあります。できる限り遺言者の意思を尊重しようとするもので、無効行為の転換の一事例です。