自筆証書遺言

| 未分類 |

自筆証書遺言とは、遺言書のすべての文章を自分で書く遺言のことです。 他人に代筆してもらったり、パソコンなどを使用して書か手たものは無効となります。できるだけ丁寧に書くようにし、書かれている内容がきちんと正しく伝わるようにし、解釈の違いなどによる争いなどが起きないようにすることが大切です。自筆遺言はいつでも手軽に作成できるのでよく利用されていますが、正式に遺言として認められるためには、きちんと法律で定められた通りに作成する必要があります。まずは本人による全文自筆であるという点です。ごく一部であっても他人の代筆やパソコン文字は認められません。また丈夫な用紙にボールペンなど文字が消えない筆記具で書くほうがよいです。次に重要な点は、必ず日付を入れるということです。正確に日日が分かるような書き方であれば、元号でも西暦でも、また漢数字でも算用数字でもかまいません。遺言書は一番新しい日付のものが有効とされます。ですので、何通もあった場合に日付が決め手になりますので、非常に重要です。遺言書には署名とともに捺印も必要です。遺言書はできるだけ封筒などに入れ、必ず封印をします。自筆遺言の場合には、封印がなくても無効にはなりませんが、偽造などを避けるために、封筒に入れ、封印をするほうがよいです。表には遺言書と記載し、裏側に署名と捺印、および日付を書きます。