公正証書遺言

| 未分類 |

遺言書とは、遺言者が相続人に自分の意思を伝えるものですが、遺言書の形式は一般的に、自分で記入する自筆証書遺言と、公証役場で作成してもらう遺言があります。 それぞれのメリット・デメリットがありますが、遺言には形式が必要です。

 

特に、自筆証書遺言の場合は、パソコンで作られた遺言書は無効で、全部自分で書くことが必要ですので、正直偽造ではないか、他に遺言書を隠していないか等もめる原因となります。 その他、日付を必ず書くこと・氏名を書いて印鑑を押すこと・訂正があれば、訂正印を押して訂正の仕方の規定により訂正をしなければなりませんので、最初から書き直す方が安全といわれており、少々骨が折れます。

 

公正証書遺言とは、公証役場で作成してもらう遺言ですので、自筆証書遺言の様に形式で悩む必要もありませんし、最も確実な遺言方法です。 公証役場で遺言書を作成してもらう為には、本人であることを証明する為に、実印や印鑑証明書等を揃え、2人以上の証人と一緒に公証役場に遺言の内容を口頭で述べます。 どのような遺言書を作成するか分からない場合は、公証人がアドバイスしてくれますし、病気の場合は病院に公証人が出張してくれます。 こうして作成された遺言書の原本は、公証人によって保管されますので、紛失や偽造の心配は無く、原本と同一の効力を有する正本が渡されます。