難船臨終遺言

| 未分類 |

遺言の特別方式のひとつに難船臨終遺言があります。この遺言は船舶などにおいて、危急なトラブルなどによって死に直面した際に使われる方式です。基本的には、他の特別方式の遺言と同じですが、船舶など特別な場合であるので、いくつかの相違点があります。まずこの遺言では、その証人は2人必要です。そして証人に対して遺言を述べ、その遺言の内容を証人が書き記していき、その後、署名と捺印を行えば成立します。最後に家庭裁判所に提出する必要があります。

海01

 

これは他の特別方式の遺言などに比べると、方法などは簡潔になっていますが、注意点としては、遺言書と認められるためには、最後に家庭裁判所に提出をしなければならないことがあげられます。また船舶での遭難や事故などに直面した時点でなくても、そのトラブルが済んだ後、証人が記憶に基づいて遺言を書き記し、署名や捺印した場合でも、遺言として成立することが可能です。このような危急な出来事の時には、一般的な遺言書を作成する事は不可能ですので、このように特別な方式で遺言書を作成する手段がとられます。もし、作成後に遺言者が通常の遺言を作ることができるようになった場合、6ヶ月以上生存した段階でこの遺言書は無効になります。あくまで急な場合での遺言であるからです。